ID : Pass : 新規登録
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ホームへ戻る
鉄道ブログ(大百科)
鉄道知識関係 
鉄道画像関係
鉄道を楽しむ
最新ニュース
その他
Sponsored links
鉄道模型
鉄道コレクション
Bトレイン
Sponsored links

鉄道ブログ(大百科) - 南武支線

南武支線

カテゴリ : 
路線探訪 » JR » JR東日本
執筆 : 
h.tokuda 2018-6-23 17:21
路線データ
区間 尻手~浜川崎間
所在地 神奈川県
管轄支社 横浜支社(全区間※但し、八丁畷は京急の管轄)
駅数5駅
開業年月日 1927年(昭和2年)3月9日


JR東日本で唯一のワンマンミニ路線。

その名の通り、南武線の支線であるものの、本線とは別路線のような雰囲気を
感じます。

使用車両

205系1000番台 2両3本6両
車両の色の違いと、ローカル線の雰囲気が、最たる所以です。
車両が3編成あっても、それは、予備用であり、
動いているのは1本! 本数は日中1時間1~2本と少ない!
朝の通勤時間帯なら、まだ少し多くありますが、それでも10分以上の間隔です。

しかも、終電は22時台と、一番早いのです。
尻手駅3番線から発着します。
川崎から乗ってきた方は、ホーム向かい側でお乗り換えください。
登戸方面から乗ってきた方は、
階段をご利用になり、お乗り換え下さい。
南武線の上下線とも、尻手到着後に、南武支線の発車時刻の案内放送があるので
お聞き下さい。

これだけ、少ない本数の電車でも南武支線が存在する意義は、
住宅輸送、
浜川崎に広がる工場エリアへの輸送、
そして、これは南武線自体がそうなのですが、貨物路線の一部でもあるためです。
根岸線・鶴見線方面から来た貨物列車が尻手を分岐線として入っていきます。

さて、終点浜川崎では、鶴見線の乗り換え駅で、道路を挟んだ位置にありますが、
乗り換える方は、ICはタッチしないで下さい!
反対に鶴見線から乗り換える場合も同じです。

同じJR線なので、ここでタッチして、また鶴見線に乗る時、
またタッチすると、初乗り運賃が掛かってしまいます。

反対に浜川崎で降りる場合は、タッチして下さい。
同じ路線で、同じ駅に戻る時、出場ができなくなり、
係員に処理してもらう必要があります。

途中の八丁畷で京急線に乗り換える場合は、タッチして下さい。

横浜支社
京急線
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18)

トラックバック

Sponsored links
検索
Sponsored links
 
スーパー鉄道サイト


鉄道DVD
鉄道グッズ
AX