ID : Pass : 新規登録
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ホームへ戻る
鉄道ブログ(大百科)
鉄道知識関係 
鉄道画像関係
鉄道を楽しむ
最新ニュース
その他
Sponsored links
鉄道模型
鉄道コレクション
Bトレイン
Sponsored links
  • カテゴリ 京急電鉄 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

鉄道ブログ(大百科) - 京急電鉄カテゴリのエントリ

空港線

カテゴリ : 
路線探訪 » 私鉄 » 京急電鉄
執筆 : 
h.tokuda 2018-4-21 12:08
路線データ
区間 京急蒲田~羽田空港国内線ターミナル
路線距離6.5km
駅数 7
開業年月日 1902年 6月28日
両数 8両編成


近年の主力 羽田空港アクセスを担う路線
京急蒲田から分岐します。

終点駅の行き先表示は開業当時の「羽田空港」ですが、
2010年10月21日に、羽田空港国際線ターミナル駅が開業した事により
羽田空港駅は、「羽田空港国内線ターミナル」駅に改称されました。

国内線ターミナル駅についてですが、
第2ターミナルは、一番前、第1ターミナルは一番後ろの階段をご利用下さい。

穴守稲荷を出ると、羽田空港国内線ターミナルまで地下トンネルに入ります。
終点駅は1998年に出来たため、割と新しい路線のように見えますが、
空港が出来る前から存在してました!

当初は、京浜電気鉄道として穴守稲荷の参拝路線として開業しました。
空港ができて、すぐに今の空港線になったわけではありません。
空港の位置は、当初は、現在の穴守稲荷~国際線ターミナルの間の天空橋付近にあり、この天空橋の駅名は当時の羽田でした。
空港の移転により、この羽田が天空橋になり、
そこから現在の国内線ターミナルまで延伸しました。

そして、国際化した今では、京急線一、豊富な列車種別ができました。
また、空港輸送強化のため、品川方面・横浜方面どちらにも直通します。

それでは、横浜方面の種別についてです。

エアポート急行は、逗子線直通新逗子行きの電車ですが
一部、手前の金沢文庫行きもあります。 横浜方面日中の大半がこの種別です。夜になると、品川方面にも入ります。


ちなみに、かつて多く存在した特急は、久里浜線京急久里浜まで直通しますが、22時台に数本だけあります。 ほぼ、現存しないと思って下さい。
ちなみに、普通電車も、現存しないと思っても構いません。
浦賀行きは、平日10時台に1本だけ。 空港線内折り返し、
京急蒲田行きは、平日朝数本と終電だけです。

品川方面ですが、横浜方面よりも本数が多いです。
大半の列車が、泉岳寺より先、都営線、京成線、北総線方面に直通します。
それ程多くありませんが、成田空港行きもあります。


エアポート快特は、品川~空港までノンストップ つまり京急蒲田も停まらないのでご注意を!
前からある快特は、泉岳寺、品川、京急蒲田、空港までノンストップです。

また、この方面では数少ないエアポート急行の停車駅は、
泉岳寺、品川、青物横丁、立会川、平和島、京急蒲田、空港線内各駅です。


それだけに、
バラエティに富んだ電車に出会えます!

京急の電車よりも、都営や京成の電車を見るほうが多いかもしれません。

さて、分岐駅の京急蒲田駅についてですが、
1階に改札階、2階に上りホーム(4~6番線)、3階に下りホーム(1~3番線)の三層構造のため、少し攻略が必要です。

羽田空港方面は、1,4,6番線です。 しかし、6番線は、品川方面と共用です。 1番線は品川方面発で、6番線は横浜方面発と来る場所が違います。
このような構造により、空港線ホームは、単線の線路で、
進行方向が変わります。

この駅からご乗車の方は、駅の案内表示をご確認下さい!
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4)

逗子線

カテゴリ : 
路線探訪 » 私鉄 » 京急電鉄
執筆 : 
h.tokuda 2018-4-20 12:04
路線データ
区間 金沢八景~新逗子
所在地 神奈川県(全区間)
路線距離 5.9km
駅数4
開業年月日 1930年(昭和5年)4月1日


横須賀地域の街には欠かせない京急最短路線

路線の起点駅は金沢八景ですが、
実際、金沢文庫からご乗車になれます。

金沢文庫~金沢八景間は、複々線であり、
逗子線直通電車は、金沢文庫駅1番線から発着し、線路の外側を走ります。

2番線内側は、久里浜線直通電車です。
逗子線と本線普通浦賀行き電車と共用です。
ご注意下さい!

逗子線直通電車は、日中はエアポート急行に限られます。

品川発着普通電車は、平日朝、夜に限られます。
事実上、品川発着野電車はありません。

エアポート急行は、その名の通り、空港線直通電車で、
停車駅は、京急蒲田まで空港線内各駅と、京急川崎、京急鶴見、仲木戸、横浜、日ノ出町、井土ヶ谷、弘明寺、上大岡、杉田、杉田から各駅停車です。

一見すると支線のような感じもしますが、
空港アクセスにも力を入れています。
また、新逗子駅は、JR横須賀線逗子駅と少し距離がありますが、
最寄駅でもあります。 徒歩7分で行けます。

また、海沿いを走る京急の中でも、
最も海から遠い路線です!
どちらかというと、山岳路線です。
葉山ビーチへは、新逗子駅からバスで行って下さい!
JR横須賀線
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8)

久里浜線

カテゴリ : 
路線探訪 » 私鉄 » 京急電鉄
執筆 : 
h.tokuda 2018-4-20 11:25
路線データ 
区間 堀ノ内~三崎口
所在地 神奈川県(全区間)
路線距離 13.4km
駅数 9
開業年月日 1942年(昭和17年)4月1日
両数 8両編成


神奈川県南の果てまでいざなう路線
JRでは、横須賀線の久里浜までが最南端ですが、
さらにその先の京急の三崎口が最南端です。
また、その久里浜は、京急久里浜で乗り換える事ができます。
京急線では最南端の他社線接続駅です。

堀ノ内2番線から分岐した路線ですが、
大半の電車が久里浜線に直通するため、事実上の本線のように感じます。


全列車、快特、特急、京急ウィング号ですが、

全列車久里浜線内各駅停車です。

ちなみに、特急は、
平日朝夕夜、土日は朝夜の種別で、停車駅は
泉岳寺、品川、京急蒲田、京急川崎、神奈川新町、横浜、上大岡、金沢文庫、
金沢八景、追浜、汐入、横須賀中央、堀ノ内、久里浜線内各駅停車 


また、京急ウィング号は200円座席整理券制の快特で、
平日夕夜のみ運転されます。 
停車駅は、品川始発京急久里浜行きで、上大岡までノンストップ、
快特停車駅と同じです。



設備面は快特と同じですが、
早く、座っていけるのが魅力です!
三崎口は、油壺マリンパークや城ヶ島公園の最寄駅です。
と言っても、駅からはかなりの距離があるので、バスに乗って下さい!

JR横須賀線
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6)

京急本線 

カテゴリ : 
路線探訪 » 私鉄 » 京急電鉄
執筆 : 
h.tokuda 2018-4-18 12:15
路線データ
区間 泉岳寺~浦賀(泉岳寺は都営の管轄)
所在地 東京都(泉岳寺~六郷土手)神奈川県(京急川崎~浦賀)
路線距離 56.7km
駅数 50

その名の通り、京急最長代表路線。
この本線から3方向に分岐しますが、本記事では本線についでです。

起点駅は、品川の1駅北の泉岳寺です。
この駅は直通先である都営の管轄です。
そのため、品川が起点駅のイメージが強いでしょう。
ただし、事実上、品川から京急の駅員が管轄するので、
あながち間違っていません。

泉岳寺~品川間は地下区間ですが、
地下鉄ではありません!


品川~横浜間は一部JR東海道本線(京浜東北線も含む)併走します。

途中にJRと隣接している駅は、
大森海岸、(JR大森)京急蒲田、京急川崎、京急鶴見、京急新子安、仲木戸(JR東神奈川)しかし、大森海岸と京急蒲田はJRの駅から離れています。


これだけの距離なら、快特が欠かせません。
停車駅は、泉岳寺、品川、京急蒲田、京急川崎、横浜、上大岡、金沢文庫、金沢八景、横須賀中央、堀ノ内、堀ノ内から久里浜線内各駅停車

本線全線の優等列車は事実上ありません!
つまり、浦賀行きは1時間に2~3本ある普通列車のみです。

本線なので、優等列車沢山ありますが、どれも各路線に直通します。
快特は、看板種別なので紹介しましたが、
堀ノ内を分岐点とした久里浜線直通用です。
その他の種別は、久里浜線も含めた各路線の記事をご覧下さい。

普通浦賀行きは、鮫洲、南太田で通過待ち、
上大岡、金沢文庫、堀ノ内で待ち合わせを行います。

ダイヤによって異なりますが、3~5本追い抜かれます。
堀ノ内から先は、浦賀まで途中駅が2つと、短い距離のため、支線のような
感じがします。
浦賀までお急ぎの方は、優等列車で上記の駅まで行き、普通列車に乗り換えて下さい!

海沿いを走る京急のわりに、なかなか海を見る事ができない
山岳路線ですが、海の楽しみは浦賀駅を降りた先にあります。
浦賀といえば、ペリー来航の地ですね。
観音崎や横須賀美術館へは、バスに乗って行って下さい。
ライバル線研究 京急vsJR東日本JR東海道線JR京浜東北線
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8)

京浜急行電鉄

カテゴリ : 
路線探訪 » 私鉄 » 京急電鉄
執筆 : 
h.tokuda 2018-4-17 15:08
正式名称 京浜急行電鉄株式会社
略称 京急
前身 大師電気鉄道 京浜急行電気鉄道 湘南電気鉄道
設立 1948年(昭和23年)6月1日 
総路線距離 87.0km
事業エリア 東京都城南 神奈川県南東
路線形態 分岐型 独立型
路線数 5
線路の幅 1372mm
コーポレートカラー 赤


京急グループの中枢を担う企業で、
海沿いに神奈川県の端、三浦半島まで担う路線を保有しています。
海沿いに路線を設けているのは、観光だけでなく、

羽田空港アクセスも近年の主力商品です。

1898年(明治31年)2月25日  大師電気鉄道株式会社から始まりました。

日本で最初の電気鉄道かつ最古の私鉄です!

そして、1899年(明治32年) 4月25日 京浜電気鉄道株式会社に社名変更しました。 
1941年(昭和16年)11月1日には、湘南電気鉄道・湘南半島自動車と合併し、
この時に現在の路線網の骨格として完成しました。

1942年(昭和17年)5月1日 - 小田急電鉄と共に東京横浜電鉄(現在の東急)へ合併し、大東急になりました。
1948年(昭和23年)6月1日に、今の社名として設立されました。 

路線紹介
本線 泉岳寺~浦賀
空港線 京急蒲田~羽田空港国内線ターミナル
逗子線 金沢八景~新逗子
久里浜線 堀ノ内~三崎口
大師線 京急川崎~小島新田


大師線以外の3路線は本線から分岐します。
また、どの終点駅にも他社の路線がありません。
神奈川県の端、つまりその先がない世界らしさが感じられます。

種別も豊富ですが、
私鉄で唯一急行がありません。 
その代わり優等列車は独自の種別です。

エアポート急行、特急(普通運賃でご乗車になれます。)、快特(快速特急の略称)、また、有料ライナーもあり、京急ウィング号です。


以下、車両紹介ですが、
種別と運用区間が限定された車両もあります。
路線分岐型の私鉄は他にもありますが、全車両共通運用です。

以下4種は、全路線全種別共用です。

1500形 8両6本 6両15本 4両7本
京急、万能型では最年長です。 
LEDの行き先表示やモーター等の更新により、活躍しています。
両数も様々なあるのは、珍しいです。


600形 8両8本 4両6本
顔立ちが、今後の京急のイメージを作りました。


新1000形(アルミ) 8両9本 4両12本

新1000形(ステンレス) 8両11本 6両5本 4両11本
アルミに赤い車体の京急で初のステンレス車です。

新1000形1800番台 現在写真はありませんが、貫通扉が中央にあります。

さて、以下の2種が限定的に運用されております。

800形 6両19本
普通列車限定で、運用範囲は本線・逗子線です。
これこそ京急最年長。 扉の数は4扉で片開きで、かなり貴重です。


2100形 8両10本 快特、京急ウィング号用で、運用範囲は本線から久里浜線直通です。


なんと2扉、全席クロスシート!
種別も両数も限定的なベテランな車両ですが、決してじゃまにできない京急の主力です!

これだけでも、多方面へと路線の範囲は広いですが、

都営浅草線との相互直通運転をしてます。
また、その先、京成グループとも直通をしていて、かなり
バラエティに富んだ私鉄と言えます!
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14)
Sponsored links
検索
Sponsored links
 
スーパー鉄道サイト


鉄道DVD
鉄道グッズ
AX