ID : Pass : 新規登録
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ホームへ戻る
鉄道ブログ(大百科)
鉄道知識関係 
鉄道画像関係
鉄道を楽しむ
最新ニュース
その他
Sponsored links
Sponsored links
鉄道の生きがいとも言えるレール。
そんな線路にも決まりがあります。




軌間線路の幅について




狭軌 1067mm



(写真はJR東北本線・湘南新宿ラインの線路で京浜東北線浦和駅付近)
多くの鉄道路線は、この線路の種類で1067mmと定めらています。


では、そうでない少数派の線路は、
標準軌  1435mmです。

(写真は京急大師線 川崎大師駅)

新幹線、京急線都営浅草線
京成線、北総鉄道線、成田スカイアクセス線
東京メトロ銀座線東京メトロ丸ノ内線東京メトロ丸の内方南町支線
がこの標準軌です。


もっと少ない線路があります。

馬車軌道 1372mm
京王電鉄(井の頭線以外)その直通先の
都営新宿線 都電荒川線です。


なぜ、標準軌が少ない?

日本国内では、標準軌よりも圧倒的に多く使用されている狭軌。
当時鉄道技術を取り入れる際、イギリスの技術を持ちこんだのが始まりです。
イギリスでは、自国内は1435mmを採用していますが、
植民地支配地では1067mmを導入していたため、
それが日本国内の基本となってしまいました。
のちに、民鉄各社が世界的標準軌である1435mmを導入し、
新幹線でも導入しました。


軌間はどうやって見ているか?
レール2本間のいちばん狭いところを基準としています。

新幹線
カテゴリートップ
鉄道施設
次
信号と保安装置

Sponsored links
検索
Sponsored links
 
スーパー鉄道サイト


AX