ID : Pass : 新規登録
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ホームへ戻る
鉄道ブログ(大百科)
鉄道知識関係 
鉄道画像関係
鉄道を楽しむ
最新ニュース
その他
Sponsored links
Sponsored links
運転保安装置で、最新の物です。
現代なら、自動運転できるのでは?と想像した方もいるのではありませんか?

ATO
Automatic Train Operationの略で、
自動列車運転装置を意味します。
発車も停止も自動でやってくれます。

無人ATO
新交通システムがこの運転方式です。



有人ATO
運転士がいる自動運転です。
運転士は、何をするか?
ドアの開閉と補足放送をします。
そして、運転台の下部にあるボタンを押すと、電車は自動で発車し、所定の駅に着くと停車します。
このような運転方式な路線は、
東京メトロ南北線
東京メトロ副都心線

都営三田線




また、発車時と惰性走行のみ、手動運転の路線は、
東急目黒線

東京メトロ銀座線
東京メトロ丸ノ内線




ATOとセットの設備
以上の路線の共通点は、ワンマン運転である事。
ワンマン運転とは、車掌がいなく、運転士だけでの乗務する事です。
ハンドルを握る事に加えて、ドアの開閉、補足の車内放送もしなければならない運転士の負担を軽くするために必要です。



そして、このワンマン運転についてくる施設が、
ホームドアがついている事

ホームドアとは、ホームと車両の間に付けられたドアの事で、

車両のドアと連動しているため、正しい停止位置で止まらないと、
ホームドアが開きません。
そのために、正しい停車が欠かせません。




前
信号と保安装置
カテゴリートップ
鉄道施設
次
車両基地

Sponsored links
検索
Sponsored links
 
スーパー鉄道サイト


AX