ID : Pass : 新規登録
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ホームへ戻る
鉄道ブログ(大百科)
鉄道知識関係 
鉄道画像関係
鉄道を楽しむ
最新ニュース
その他
Sponsored links
Sponsored links
電車が安全に走るためには、メンテナンスは欠かせません。


車両基地と併設されている車両工場で行います。



検査の種類


仕業検査
おおむね10日に1回で行なわれる検査で、特に運転に必要不可欠な装置とされる集電装置、台車、ブレーキなどの点検を、部品を分解せずに、車両を運用から外さずに行う検査です。


交番検査(機能保全検査)
仕業検査より長期検査周期(おおむね 3ヶ月に1回)で行われるもので、仕業検査と同じく車両を分解せずに行わますが、より詳細に検査を行われる「交検」とも略します。


重要部検査
4年に1回もしくは、走行距離60万km以内に少なくても1回
走行や安全に直結する、ブレーキ装置・主電動機・駆動装置などを取り外し、分解・検査・整備を行うことで、略して「要検」とも言われます。この際、内外の再塗装など、車両のリフレッシュ等も同時に行われることも多いです。

全般検査
8年に少なとも1回行います。
最も大掛かりで、主要部分を取り外して行います。


臨時検査
新車を購入した時や、重大な事故が起きた時に行います。
前
車両の所属
カテゴリートップ
車両
次
車両メーカー

Sponsored links
検索
Sponsored links
 
スーパー鉄道サイト


AX